ホーム > 学生生活 > 社大ライフ > キャンパスフォト > Campus Photo 2019

Campus Photo 2019

日本社会事業大学 キャンパスフォト

2019.9.26(木)9月卒業式・学位授与式

本学において、神野直彦学長をはじめ、各研究科長、学部長等出席のもと、9月卒業式・学位授与式を挙行しました。式辞、学位記授与、祝辞、修了・卒業生の抱負、記念撮影が行われ、卒業の喜びを分かち合っていました。

式辞の様子

学位授与式の様子

祝辞の様子

記念撮影

2019.9.22(日)オープンキャンパス

『最後のオープンキャンパスで社大を知り尽くそう』をテーマに、オープンキャンパスが開催されました。多くの受験生とご家族の皆様にご来校いただきました。誠にありがとうございました。

今回は通常のオープンキャンパス企画に加え、3年次編入学希望者対象のプログラムも実施致しました。まもなくスタートする編入学入試出願前に、不安や疑問を解消していただいていれば嬉しいです。

それでは写真とともにオープンキャンパスをご紹介します!

「オープンキャンパス受付」...在学生のオープンキャンパス委員が受付をしています。プログラム、本学の資料一式、オープンキャンパスに予約をしてくださった方には学生による手作りのウェルカムレターをお渡ししています。参加された方全員に記念品もご用意しています。

在学生手作りのウェルカムレター。受験生への応援メッセージ付きです。

「大学概要説明・入試概要説明」…本学の魅力やソーシャルワーカー、入試について(相原先生)。

「合格体験談」…聞いてよかったという声が多いプログラムの一つ。在学生が受験勉強のポイント、勉強以外でも受験に役立ったことをお伝えしています。また、数ある大学の中でなぜ社大を選んだのか、社大に入ってよかったこと、サークル活動やアルバイトなど、実際の学生生活についてもお話しています。

「編入生向け 大学概要説明・入試概要説明」…9月は編入希望者向けの特別プログラムを実施しました(後藤先生)。

「編入生 合格体験談」…編入生の学生生活、資格、就職についてなど。

「模擬講義」...『社会保障の話』(小野先生)

「模擬演習」...『身体とコミュニケーション』(相原先生)

「教職員相談コーナー」入試に関することはもちろん、奨学金制度や学生生活についても・・・どんなことでもご質問ください。

「在学生相談コーナー」...実際の学生生活、アルバイト、サークル、資格のこと、将来のこと、入試のこと、なんでもご相談ください!!

「編入生相談コーナー」… まもなく3年次編入の出願が始まるので、たくさんの方が相談にお越しくださいました。

「キャンパスツアー」…本学の名所をオープンキャンパス委員が心を込めてご案内します!たくさんの樹木に抱かれた緑豊かなキャンパスは、肢体・視覚・聴覚などの障がいに対応して、音声案内つきエレベーター、点字ブロック、スロープ、車椅子用トイレなどを完備しています。

写真は、地域にも開放している「子ども福祉図書館」です。

「キャンパスツアー」…保育コースと介護コースの学生が授業で使用する調理実習室。先生の手元を映すモニターが各テーブルにあります。

「キャンパスツアー」...介護実習棟の入浴実習室。様々な用途の浴槽があり、床は濡れていても滑りにくくなっています。

今年度のオープンキャンパスは終了ですが、10月26日(土)27日(日)に、社大祭と同時開催で入試相談会と模擬授業を実施いたします。普段の社大を実際に感じるチャンスです!!ぜひご参加ください。

10月26日(土)27日(日)のプログラムはこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

2019.9.8(日)社会人対象合同説明会を開催

2019年9月8日(日)、清瀬キャンパスにて社会人対象合同説明会(研究大学院・専門職大学院・通信・学部3年次編入)を開催致しました。多くの方にご参加いただき、誠にありがとうございました。説明会では、各課程の概要説明、入試説明、個別相談、資料配布(過去問、願書等)を実施しています。

次の合同説明会は2019年12月7日(土)に開催予定です。各課程ごとの説明会は、10月より順次開催致します。

説明会の開催予定日については、こちらこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

2019.8.24(土)25(日)オープンキャンパス

『体験学習で実感、福祉の魅力』をテーマに、オープンキャンパスが開催されました。猛暑の中、多くの受験生やご家族の皆さまにご来校いただきました。誠にありがとうございました。この2日間では寮見学が実施され、実際に寮の雰囲気や周辺環境を見て頂いた皆さまに、共同生活を通してお互いに切磋琢磨している社大生と寮生活の魅力が伝わったと思います。次回は9月22日(日)に開催します。ぜひご参加ください。お待ちしています!

オープンキャンパスでは、大学概要や入試概要説明のほか、在学生による合格体験談、本学の学びを知っていただくための模擬講義や模擬演習、在学生・教職員による相談コーナー、入試過去問題集などの資料配布コーナーなど、さまざまなプログラムをご用意しています。

それでは写真とともにオープンキャンパスをご紹介します!

「オープンキャンパス受付」...在学生によるオープンキャンパス委員が受付をしています。プログラム、本学の資料一式、オープンキャンパスに予約をしてくださった方には学生による手作りのウェルカムレターをお渡ししています。参加された方全員に記念品もご用意しています。

「大学概要・入試概要説明」…本学の魅力やソーシャルワークについて(菊池先生)。午前の部、午後の部と2回実施しています。

「合格体験談」…在学生が、受験生に向けて受験をどのように突破したかなど、受験に役立つヒントを伝授しています。受験についての話のほかに、実際の学生生活のお話もしています。

「8月24日(土)模擬講義」...『手話~指先と表情の魔術~』(斉藤先生)

「8月24日(土)模擬講義」...『家族の変化と福祉の課題』(菊池先生)

「8月24日(土)体験学習」...『認知症のある人の理解とケア』(下垣先生)

「8月25日(日)模擬講義」...『どうなる?どうする?子ども食堂』(田村先生)

「8月25日(日)模擬講義」...『「障害者福祉論」入門』(蒲生先生)

「8月25日(日)模擬演習」...『利用者の生活の中で起こっている事を聴く~コミュニケーションと人の認知~』(木村先生)

会場にはオープンキャンパス委員紹介コーナーがあります。プロフィール欄には学科、コース、出身地、出身高校、住まい(自宅、寮、一人暮らし)なども掲載されていますので、プロフィールから相談に乗ってもらいたい在学生を決めるのもいいかもしれません^^

「教職員相談コーナー」入試に関することはもちろん、奨学金制度や学生生活についても・・・どんなことでもご質問ください。

「在学生相談コーナー」...実際の学生生活、アルバイト、サークル、資格のこと、将来のことなどなんでもご相談ください。編入希望者のための編入生そうだんコーナーもあります。

「キャンパスツアー」…本学の名所をオープンキャンパス委員が心を込めてご案内します!たくさんの樹木に抱かれた緑豊かなキャンパスは、肢体・視覚・聴覚などの障がいに対応して、音声案内つきエレベーター、点字ブロック、スロープ、車椅子用トイレなどを完備しています。

ここでは図書館にある拡大読書器の説明をしています。

キャンパスツアーは全4回(11:10~、12:10~、13:10~、14:10~)のうち11:10から開始の1回目が非常に込み合います。

2回目以降は少し人数が減りますので、在学生とお話しながらキャンパスをまわりたい方は2回目以降のキャンパスツアーがおすすめです^^

「キャンパスツアー」…写真は介護実習棟の福祉機器活用室で車椅子の種類について説明をしているところです。ガイドの学生に、ぜひ、いろいろな質問してしてみてくださいね。

OC委員はお揃いのピンクのTシャツを着ています。何かわからないことや聞きたいことがあったら、お話してみてくださいね。

「8月24日(土)のオープンキャンパス委員」

「8月25日(日)のオープンキャンパス委員」

2019.8.3(土)名誉教授称号贈呈式

去る、2019年8月3日(土)、神野学長から植村英晴先生に日本社会事業大学名誉教授の称号記が贈呈されました。
名誉教授の称号は、本学の規定に基づき、本学に多年勤務し、教育上、学術上特に功績のあった者に対し贈呈するものです。

【関連リンク】
教員・研究所所員の教育研究業績:こちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

2019.8.3(土)4(日)オープンキャンパス

『体験学習で実感、福祉の魅力』をテーマに、オープンキャンパスが開催されました。猛暑の中、多くの受験生やご家族の皆さまにご来校いただきました。誠にありがとうございました。この2日間では寮見学が実施され、実際に寮の雰囲気や周辺環境を見て頂いた皆さまに、共同生活を通してお互いに切磋琢磨している社大生と寮生活の魅力が伝わったと思います。次回は8月24日(土)、25日(日)に開催します。ぜひご参加ください。お待ちしています!

オープンキャンパスでは、大学概要や入試概要説明のほか、在学生による合格体験談、本学の学びを知っていただくための模擬講義や模擬演習、在学生・教職員による相談コーナー、入試過去問題集などの資料配布コーナーなど、さまざまなプログラムをご用意しています。

それでは写真とともにオープンキャンパスをご紹介します!

「オープンキャンパス受付」...在学生によるオープンキャンパス委員が受付をしています。プログラム、本学の資料一式、オープンキャンパスに予約をしてくださった方には学生による手作りのウェルカムレターをお渡ししています。参加された方全員に記念品もご用意しています。

「大学概要・入試概要説明」…本学の魅力やソーシャルワークについて(壬生先生)。午前の部、午後の部と2回実施しています。

「合格体験談」…在学生が、受験生に向けて受験をどのように突破したかなど、受験に役立つヒントを伝授しています。受験についての話のほかに、実際の学生生活のお話もしています。

「8月3日(土)模擬講義」...『大学で学ぶ社会福祉』(村田先生)

「8月3日(土)学長講演」...『社事大で学ぶということ』(神野学長)

「8月3日(土)体験学習」...『障がい特性に応じた支援技術』(森先生)

「8月4日(日)模擬講義」...『精神保健福祉士に期待される社会的役割』(大島先生)

「8月4日(日)体験学習」...『福祉機器と介護ロボットの活用』(壬生先生)

「8月4日(日)模擬講義」...『ソーシャルワーカーに求められる4つの力』(菱沼先生)

廊下にはオープンキャンパス委員が作成した、社大の1日の流れ、時間割、各コースや課程について詳しく書かれた模造紙が掲示されています。この模造紙を見ながら、質問をしたり相談をしたり・・・という様子も多く見られます。

「在学生相談コーナー」...在学生が首にかけているネームプレートは、紐の色で入試区分をわけています。(推薦入試:オレンジ、一般入試:緑、センター利用・併用入試:赤)相談の時に参考にしてください。

「在学生相談コーナー」...本学の編入生による編入生相談コーナーもあります。編入をご検討の方はこちらへ!

会場にはオープンキャンパス委員紹介コーナーがあります。プロフィール欄には学科、コース、出身地、出身高校、住まい(自宅、寮、一人暮らし)なども掲載されていますので、プロフィールから相談にのってもらいたい在学生を決めるのもいいかもしれません^^

「教職員相談コーナー」…本学の学び、入試の不安はこちらで解消!

「教職員相談コーナー」入試に関することはもちろん、奨学金制度や学生生活についても・・・どんなことでもご質問ください。

「キャンパスツアー」…本学の名所をオープンキャンパス委員が心を込めてご案内します!たくさんの樹木に抱かれた緑豊かなキャンパスは、肢体・視覚・聴覚などの障がいに対応して、音声案内つきエレベーター、点字ブロック、スロープ、車椅子用トイレなどを完備しています。

ここでは図書館にある拡大読書器の説明をしています。

キャンパスツアーは全4回(11:10~、12:10~、13:10~、14:10~)のうち11:10から開始の1回目が非常に込み合います。

2回目以降は少し人数が減りますので、在学生とお話しながらキャンパスをまわりたい方は2回目以降のキャンパスツアーがおすすめです^^

「キャンパスツアー」…写真は介護実習棟の福祉機器活用室で車椅子の種類について説明をしているところです。ガイドの学生に、ぜひ、いろいろな質問してしてみてくださいね。

OC委員はお揃いのピンクのTシャツを着ています。何かわからないことや聞きたいことがあったら、お話してみてくださいね。

「8月3日(土)のオープンキャンパス委員」

「8月4日(日)のオープンキャンパス委員」

本学のオープンキャンパスは、在学生によるオープンキャンパス委員が中心となり運営、開催をしています。オープンキャンパス委員の学生は、受験生の時にオープンキャンパスに参加して、入学後に委員になった!という学生がほとんどです。お1人でどうしたらいいか不安だったり、少し緊張気味に来校される受験生のみなさんの気持ちがよくわかっていますので、ぜひお気軽にオープンキャンパス委員に声をかけてくださいね^^

次回、8月24日(土)は「体験学習で実感、福祉の魅力」8月25日(日)は「夏休み最後のオープンキャンパスも多彩なプログラムを満喫しよう」をテーマに開催いたします。また、8月のみの特別プログラム『寮見学このリンクは別ウィンドウで開きます(要予約)』とオープンキャンパスと同時開催の『ろう・難聴スペシャルデーこのリンクは別ウィンドウで開きます』もあります。多くの方のご参加をお待ちしています!!

2019.07.17(水)第2回学内合同就職説明会を開催

2019年7月17日(水)、第2回学内合同就職説明会を開催致しました。今回は株式会社ディスコにご協力いただき、26法人にお越しいただきました。各法人ブースでの就職説明、施設見学やインターンシップ紹介の他、就職活動におけるポイントについてのセミナーがありました。社大OG・OBとの交流エリアでは先輩方に熱心に話を聞いている姿も見られました。

学生支援課では学内合同就職説明会の開催の他、個別の就職相談や履歴書の添削、模擬面接など、充実した就職サポートを行っています。

2019.7.13(土)14(日)オープンキャンパス

『ソーシャルワーカーの仕事を知ろう』をテーマに、オープンキャンパスが開催されました。雨の中、多くの受験生やご家族の皆さまにご来学いただきました。誠にありがとうございました。

オープンキャンパスでは、大学概要や入試概要説明のほか、在学生による合格体験談、本学の学びを知っていただくための模擬講義や模擬演習、在学生・教職員による相談コーナー、入試過去問題集などの資料配布コーナーなど、さまざまなプログラムをご用意しています。

それでは写真とともにオープンキャンパスをご紹介します!

「オープンキャンパス受付」...在学生によるオープンキャンパス委員が受付をしています。プログラム、本学の資料一式、オープンキャンパスに予約をしてくださった方には学生による手作りのウェルカムレターをお渡ししています。参加された方全員に記念品もご用意しています。

「大学概要・入試概要説明」…本学の魅力やソーシャルワークについて(斉藤先生)。午前の部、午後の部と2回実施しています。

「合格体験談」…在学生が、受験生に向けて受験をどのように突破したかなど、受験に役立つヒントを伝授しています。受験についての話のほかに、実際の学生生活のお話もしています。

「7月13日(土)模擬講義」...『子ども虐待解決への社会的なまなざし』(有村先生)

「7月13日(土)模擬講義」...『福祉の大学で文学を学ぶ』(大野先生)

「7月13日(土)模擬演習」...『ソーシャルワーカーとして大切にすること』(黒川先生)

「7月14日(日)模擬講義」...『幸せの脳』(斉藤先生)

「7月14日(日)模擬演習」...『ソーシャルワーカーにおける面接技術の意義』(小原先生)

廊下にはオープンキャンパス委員が作成した、社大の1日の流れ、時間割、各コースや課程について詳しく書かれた模造紙が掲示されています。この模造紙を見ながら、質問をしたり相談をしたり・・・という様子も多く見られます。

「在学生相談コーナー」...在学生が首にかけているネームプレートは、紐の色で入試区分をわけています。(推薦入試:オレンジ、一般入試:緑、センター利用・併用入試:赤)相談の時に参考にしてください。

「在学生相談コーナー」...本学の編入生による編入生相談コーナーもあります。編入をご検討の方はこちらへ!

会場にはオープンキャンパス委員紹介コーナーがあります。プロフィール欄には学科、コース、出身地、出身高校、住まい(自宅、寮、一人暮らし)なども掲載されていますので、プロフィールから相談にのってもらいたい在学生を決めるのもいいかもしれません^^

「教職員相談コーナー」…本学の学び、入試の不安はこちらで解消!

「教職員相談コーナー」入試に関することはもちろん、奨学金制度や学生生活についても・・・どんなことでもご質問ください。

「キャンパスツアー」…本学の名所をオープンキャンパス委員が心を込めてご案内します!たくさんの樹木に抱かれた緑豊かなキャンパスは、肢体・視覚・聴覚などの障がいに対応して、音声案内つきエレベーター、点字ブロック、スロープ、車椅子用トイレなどを完備しています。

キャンパスツアーは7月以降は全4回(11:10~、12:10~、13:10~、14:10~)のうち11:10から開始の1回目が非常に込み合います。2回目以降は少し人数が減りますので、在学生とお話しながらキャンパスをまわりたい方は2回目以降のキャンパスツアーがおすすめです^^

「キャンパスツアー」…写真は介護実習棟の福祉機器活用室で車椅子の種類について説明をしているところです。ガイドの学生に、ぜひ、いろいろな質問してしてみてくださいね。

OC委員はお揃いのピンクのTシャツを着ています。何かわからないことや聞きたいことがあったら、お話してみてくださいね。

「7月13日(土)のオープンキャンパス委員」

「7月14日(日)のオープンキャンパス委員」

本学のオープンキャンパスは、在学生によるオープンキャンパス委員が中心となり運営、開催をしています。オープンキャンパス委員の学生は、受験生の時にオープンキャンパスに参加して、入学後に委員になった!という学生がほとんどです。お1人でどうしたらいいか不安だったり、少し緊張気味に来校される受験生のみなさんの気持ちがよくわかっていますので、ぜひお気軽にオープンキャンパス委員に声をかけてくださいね^^

次回は8月3日(土)4日(日)「体験学習で実感、福祉の魅力」をテーマに開催します。
ぜひご参加ください。お待ちしています!!

2019.6.30(日)社会人対象合同説明会を開催

2019年6月30日(日)、清瀬キャンパスにて社会人対象合同説明会を開催しました。
研究大学院、専門職大学院、通信教育科(資格取得課程)、学部3年次編入をご検討されている方に向けた、今年度最初の合同説明会でした。雨の中、多くの方にご参加いただき、誠にありがとうございました。

説明会では、各課程の概要説明、入試説明、個別相談、資料配布(過去問、願書等)を実施しています。
次の合同説明会は2019年9月8日(日)に開催予定です。各課程ごとの説明会も開催いたします。今後の日程については、こちらこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

2019.6.26(水)タイのろう学校とスカイプで連携授業を実施

2019年6月26日(水)、「ろう文化(聴覚障害教育特講)」(斉藤くるみ教授)の授業で、タイ北部チェンマイの公立ろう学校「アヌサーンスントーンろう学校」と通信。この日、アヌサーンスントーンろう学校には西田昌行社会事業研究所研究員が出向きました。タイ手話と日本手話でろう者が交信。音声タイ語と音声日本語も飛び交う、四言語使用の授業となりました。

タイの生徒たちは太鼓や踊りを披露、本学の学生は校歌を音なしの日本手話で披露しました。日本語の歌に合わせて手話単語をつけると、手話を母語とするろう者には不自然で理解不能なため、両親もろう者である本学のろう学生が、校歌を日本手話に意訳しました。タイの生徒は日本手話を勉強してこの日を待っていてくれたようで、ろう者同士はかなり話が通じていいました。「日本は寒い冬があるのでしょう?雪は降りますか。」「冬には植物があまり育たないでしょう?冬は何を食べているのですか。」などと南国の子どもならではの質問も飛んで来て、楽しい時間を過ごしました。(この企画は三菱財団福祉助成「アジアの被災地を結ぶ聴覚障害者支援ネットワークのモデル構築とツール開発福祉事業・研究助成」(代表研究者斉藤くるみ)によるものです。)

西田研究員とタイのろう学校の皆さん

2019.6.19(水)東京都立大泉桜高等学校の見学会を実施

2019年6月19日(水)、東京都立大泉桜高等学校の見学会を実施しました。大学概要・入試概要説明の後、オープンキャンパス委員によるキャンパスツアーを行い、介護実習棟・図書館・厚生棟をご覧いただきました。お昼は本学の学生と一緒に学食で召し上がっていただきました。普段の"日本社会事業大学"はいかがでしたでしょうか?

見学会を通し、大学選びの参考になればと考えています。

大学概要・入試概要説明

キャンパスツアー:介護実習棟

キャンパスツアー:図書館

学食ランチ

2019.6.6(木)社会事業研究所研究交流会を実施

日本社会事業大学社会事業研究所(東京都清瀬市)は2019(令和元)年6月6日(木)に、2019年度第2回社会事業研究所研究交流会を実施しました。

【社会事業研究所研究交流会および本件の概要について】
社会事業研究所研究交流会は研究成果の情報共有を図るため、定期的に開催することにより、その研究成果に対する理解を深め、今後の研究の促進に寄与することを目的としています。また、一般の方に情報共有し、地域の活性化に貢献することを目的としています。

■日時:2019 年6月6日(木)10:30~12:00
■テーマ:「韓国におけるケースマネジメントをされている利用者の“サービス中毒”の現状について」
■発表者:慶南総合社会福祉館 福祉サービス次長 
      国立昌原大学家族福祉学科 兼任教授
      昌原市地域社会保障計画(地域福祉計画)責任研究員
             本学博士後期課程修了生 趙 正祐 氏(ジョ・ジュンウ)
■場所:日本社会事業大学 管理棟3階 第3会議室(東京都清瀬市竹丘3-1-30)
■当日プログラム:こちらPDFファイル(224KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

社会事業研­究所の活動:こちらこのリンクは別ウィンドウで開きます
社会事業研究所 研究交流会:こちらこのリンクは別ウィンドウで開きます
教員・研究所所員の教育研究業績一覧:こちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

2019.6.4(火)清瀬市長、TV番組撮影のため来学

2019年6月4日(火)、渋谷金太郎清瀬市長がJ:COMの番組「長(ちょ~)っと散歩」の撮影のため、本学に来学されました。各市の市長が地域を巡る地域情報エンターテインメント番組「長(ちょ~)っと散歩」の中で、本学を紹介してくださっています。番組は、2019年7月1日~15日にJ:COMチャンネル地デジ11chで放送予定です。ぜひご覧ください。

詳しい放送時間についてはこちらPDFファイルこのリンクは別ウィンドウで開きます

2019.6.1(土)2(日)オープンキャンパス

『1日参加して社大を満喫しよう!』をテーマに、今年度初のオープンキャンパスが開催されました。多くの受験生やご家族の皆さまにご来学いただきました。誠にありがとうございました。

オープンキャンパスでは、大学概要や入試概要説明のほか、在学生による合格体験談、本学の学びを知っていただくための模擬講義や模擬演習、在学生・教職員による相談コーナー、入試過去問題集などの資料配布コーナーなど、さまざまなプログラムをご用意しています。

それでは写真とともにオープンキャンパスをご紹介します!

「オープンキャンパス受付」...在学生によるオープンキャンパス委員が受付をしています。プログラム、本学の資料一式、オープンキャンパスに予約をしてくださった方には学生による手作りのウェルカムレターをお渡ししています。参加された方全員に記念品もご用意しています。

「大学概要・入試概要説明」…本学の魅力やソーシャルワークについて(贄川先生)。午前の部、午後の部と2回実施しています。

「合格体験談①」…在学生が、受験生に向けて受験をどのように突破したかなど、受験に役立つヒントを伝授しています。受験についての話のほかに、実際の学生生活のお話もしています。

「合格体験談②」…アンケートでも、これを聞けてよかったという声がとても多いのが合格体験談です。数ある大学の中で、なぜ社大を選んだのか、また入ってよかったと思うことなどもお話しています。

「6月1日(土)模擬講義」...『根拠に基づく社会福祉実践に向けて』(贄川先生)

「6月1日(土)模擬講義」...『社会福祉のニーズに対処した社会保障政策・福祉専門職の役割と課題』(金子先生)

「6月2日(日)模擬講義」...『社会福祉学入門』(冨永先生)

「6月2日(日)模擬演習」...『伝えたい・伝える・伝わる』(蒲生先生)

廊下にはオープンキャンパス委員が作成した、社大の1日の流れ、時間割、各コースや課程について詳しく書かれた模造紙が掲示されています。この模造紙を見ながら、質問をしたり相談をしたり・・・という様子も多く見られます

「在学生相談コーナー」...在学生が首にかけているネームプレートは、紐の色で入試区分をわけています。(推薦入試:オレンジ、一般入試:緑、センター利用・併用入試:赤)相談の時に参考にしてください。

「在学生相談コーナー」...本学の編入生による編入生相談コーナーもあります。編入をご検討の方はこちらへ!

会場にはオープンキャンパス委員紹介コーナーがあります。プロフィール欄には学科、コース、出身地、出身高校、住まい(自宅、寮、一人暮らし)なども掲載されていますので、プロフィールから相談にのってもらいたい在学生を決めるのもいいかもしれません^^

「教職員相談コーナー」…本学の学び、入試の不安はこちらで解消!

「教職員相談コーナー」入試に関することはもちろん、奨学金制度や学生生活についても・・・どんなことでもご質問ください。

「キャンパスツアー」…本学の名所をオープンキャンパス委員が心を込めてご案内します!たくさんの樹木に抱かれた緑豊かなキャンパスは、肢体・視覚・聴覚などの障がいに対応して、音声案内つきエレベーター、点字ブロック、スロープ、車椅子用トイレなどを完備しています。

キャンパスツアーは7月以降は全4回(11:10~、12:10~、13:10~、14:10~)のうち11:10から開始の1回目が非常に込み合います。2回目以降は少し人数が減りますので、在学生とお話しながらキャンパスをまわりたい方は2回目以降のキャンパスツアーがおすすめです^^

「キャンパスツアー」…写真は図書館の拡大読書器の説明をしているところです。キャンパスを回りながら、施設のことだけでなく大学生活について聞くこともできます。ガイドの学生に、ぜひ、いろいろな質問してしてみてくださいね

OC委員はお揃いのピンクのTシャツを着ています。何かわからないことや聞きたいことがあったら、お話してみてくださいね。

「6月1日(土)のオープンキャンパス委員」

「6月2日(日)のオープンキャンパス委員」

オープンキャンパス終了後は委員が集まって反省会もしています。委員のみなさん、お疲れさまでした!

本学のオープンキャンパスは、在学生によるオープンキャンパス委員が中心となり運営、開催をしています。オープンキャンパス委員の学生は、受験生の時にオープンキャンパスに参加して、入学後に委員になった!という学生がほとんどです。お1人でどうしたらいいか不安だったり、少し緊張気味に来校される受験生のみなさんの気持ちがよくわかっていますので、ぜひお気軽にオープンキャンパス委員に声をかけてくださいね^^

次回は7月13日(土)14日(日)「ソーシャルワーカーの仕事を知ろう」をテーマに開催します。
ぜひご参加ください。お待ちしています!!

2019.5.22(水)社会事業研究所研究交流会を実施

日本社会事業大学社会事業研究所(東京都清瀬市)は2019(令和元)年5月22日(水)に、2019年度第1回社会事業研究所研究交流会を実施しました。

【社会事業研究所研究交流会および本件の概要について】
社会事業研究所研究交流会は研究成果の情報共有を図るため、定期的に開催することにより、その研究成果に対する理解を深め、今後の研究の促進に寄与することを目的としています。また、一般の方に情報共有し、地域の活性化に貢献することを目的としています。

■日時:2019 年 5 月22 日(水)18:30~19:30
■テーマ:(サバティカル研究報告)               
     包括的相談支援体制における個別支援と地域支援の展開に向けて 
     -掛川市の総合相談支援窓口における個別支援機能の分析
      および横浜市と仙台市の生活支援コーディネーターによる
      地域支援の困難要因と解決要因の分析を通して-
■発表者:日本社会事業大学 社会福祉学部 准教授 菱沼幹男
■場所:日本社会事業大学 管理棟3階 第3会議室(東京都清瀬市竹丘3-1-30)
■当日プログラム:こちらPDFファイル(121KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

社会事業研­究所の活動:こちらこのリンクは別ウィンドウで開きます
社会事業研究所 研究交流会:こちらこのリンクは別ウィンドウで開きます
教員・研究所所員の教育研究業績一覧:こちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

2019.5.16(木)成績優秀者表彰

2019年5月16日(木)、本学に在学する2年次以上の学生で、前年度において学業成績が優秀と認められる学生に対し、賞状が授与されました。受賞された皆さん、おめでとうございます。

都立清瀬高校の生徒のみなさんより、本学見学会の感想が届きました!

東京都立清瀬高等学校(現2年生)から、2019年3月8日(金)に行われた本学見学会のアンケートの結果が届きました。自由記述式のアンケートにも、多くの方が回答してくださり、高校卒業後の人生や進路について考えるきっかけとしてくださったことを嬉しく思います。一部を紹介させていただきますので、ぜひご覧ください。(見学会の様子はこちらからこのリンクは別ウィンドウで開きます

Q.大学見学会の中で考えたこと

大学を選ぶときは、実際に見に行って、自分のやりたいことと本当に合っているかを確認しようと思いました。

神野学長のお話はとても興味深かったです。犬禁止・猫容認の原則はなるほどと思いました。指示待ちの人間が増えている、とよく周りで耳にしますが、物事に対してきちんと疑い、自分なりに考え、とことん突き詰めていくことは大事だと再確認することができました。

また、盆栽型と栽培型の教育の話も興味深かったです。人間を型にはめて作っていく教育よりも、伸びたいように伸ばし、伸びようとしている人が伸びやすくなる教育というのは、とても魅力的だと思いました。

話の中で、北欧の教育を参考にお話されていましたが、広い視野を持って、自分たちから意欲的に学んでいくとことが大切だとわかりました。

施設見学では、介護の様々な設備、用具を見せていただきました。学びたいことを集中して学ぶことができるよい環境だと思いました。

目標を持つことで、やる気が出るというお話で、やはり何か物事を行うときは目的を持って、自分がどうしたいのか、どうすればその目標が達成できるのかをしっかり考えて行動したいと思った。

他の図書館にはあまりない福祉に関する本がたくさんあるから、もし将来福祉関係に就きたい、もしくは福祉ボランティアをするときは、ぜひ利用せていただきたいと思った。

介護棟では実践的なことがたくさん学べて、職に就くときに自信を持ってできると思う。とても学生さんのことを考えているなと思った。

大学に行ったのは初めてです。何を学ぶのか、全部自分で決めないといけないのだとわかりました。大学では時間も自分で自由に使えるから、自分にとってプラスになるような学び方をするべきだなと思いました。

先輩の話を聞いて、高校生活で得たことや蓄積されたことが、これから先、大事になってくるとわかったので、今のうちに学べることを多く学び、いろんな経験をして広い視野で物事を見れるようにしたいと思った。

日本社会事業大学では、私がこれから学んでいきたいなと思っていることと少しだけ重なっているところがありました。人の役に立つためには、技術はもちろんですが、人としての道徳心やコミュニケーション能力を身につける必要があるんだなと思いました。

大学を選択するときは、本当に自分がやりたいことが出来る大学に行くのが一番だと思った。福祉の施設が充実していて、とても楽しく学べそうだと思った。学食も美味しく、みなさんとても優しかった。

神野学長の講演では、今まで考えたこともなかったような、本当にこれからの自分のためになるお話を聞くことができてよかったです。学ぶということはどういうことなのか「人は誰でも適切な動機づけがあれば、驚くほどの速さで学習するものです。」という言葉がありましたが、やる意味を持つこと、目標を持つことで、やる気が出て学習することができると思いました。学問が必ず合っていると思うのではなく、間違えることもあるということを認識する必要があるというお話で、部分的に見ると、それに気がつかないけれど、全体を見ることで気づけることもあると感じました。

さまざまなお話をしてくださいましたが、その中でも私が一番印象に残っているのは「どんな人間でも、かけがえのない能力がある。」という言葉です。それをどう活用するか考えることが大切だと思います。正しく問題を整理するために学問を学び、1人1人が学ぶ意志を持って共同しあうことで、混乱を解決し、将来の安全のネットを使っていくことが大切だと知りました。そのときに、自分の能力を使えるようにすることも大切だと思いました。どんな時でも自分で考えることを忘れずにしたいと思います。

日本社会事業大学は、卒業後に福祉に関わる仕事に就く人が多く、それも含めてこの大学に決めたと言っていた先輩がいて、そのような大学の決め方もとても大事だなと思った。図書館見学をした時に、興味深い本があったので、1度利用してみたいと思った。

福祉が社会にどれくらい大切なものであるのかを感じた。自然に囲まれた校舎で過ごすのは楽しそうだと思った。身近にある大学でもあるので、機会あればまた行ってみたいと思った。
自分のやりたい分野に進むことが大切だとわかった。学食は広くてとても美味しかった。

福祉について誤解していた部分があったのですが、面白そうな学問だなと思いました。

学生さんや先生方のお話を聞いて、福祉に少し興味を持つことができました。福祉でたくさんの人をサポートすることができることがわかりました。

学生さんが週3回ボランティアしていると聞いて、簡単にできることではないのに、それをやろうと思って行動するという姿勢が素晴らしいと感じました。

施設見学では、福祉に関してとても充実していると思いました。見たこともないものだらけでしたが、それが様々な人を支えているということを知って、福祉ってすごいと思いました。学食もとても美味しかったです。

初めは福祉についてあまり知らなかったのですが、先生方や大学生の方々が詳しく説明してくださったので、少し興味を持つことができました。図書館には様々な本があり、設備も充実しているなと思いました。学食も美味しかったです。
学長の講演で、「人間は『ある』ものではなく『なる』ものである。人間は人間と触れ合いながら、人間になっていく。」という言葉が頭に響いています。それは、今まで自分は、存在しているものが大きくなっていくという考え方をしていたからです。しかし、この言葉を聞いたことによって、今までのその考えは「受動的なもの」だったのだと知りました。既存のもに付けたしていくだけではなく「主観的」に吸収していくことが重要なのだと感じました。
自分の将来やりたいことに合わせて学べる場だと思いました。保育であれば子ども用のおもちゃが用意されていて、介護であれば高齢者の方用のお風呂やトイレなど、実際に自分で介護をすることのできる設備があり、とても学びがいのある大学だなと思いました。

今まで、いくつかの大学を見に行ったことがありますが、やはり大学は、その大学ごとにかなり違いがあって、本当に専門的になっていくのだなあと感じました。大学次第で自分の将来の仕事まで決まると言っても過言ではないと思うので、やっぱり大学選びは慎重にしっかりと考えていきたいと思いました。

私は保育士や幼稚園教諭になりたいと思っていて、もし保育士になるなら福祉について必要で、この大学ではその福祉についてよく学べると聞いたので興味がわきました。

また、学長のお話はこれからの教育や今の教育についてよく理解することができました。また、介護棟や図書館などを見せていただき、改めて福祉というものはこれからの日本にとても重要なものだと感じました。人の役に立ちたいという気持ちが福祉だということもわかりました。

施設見学では病院みたいな棟がすごく印象に残りました。本物の病院みたいですごく綺麗だし、器具が揃っていて、本当にそのまま使えそうなリビングだったり、お風呂だったり、見ていてとてもワクワクしました。場所ごとに学生さんがいてくれて、説明してくださって、お風呂のところは、一見すごく重そうなのに、私が片手1つで持ち上げられるお風呂があったり、他にも身体が不自由な人を釣り上げてお風呂やトイレに連れていく装置とか、コンロの高さを自由に変えることができるキッチンの設備など、すごく驚きました。

図書館では点字の本の説明をしていただきました。普通の文字なら一冊の本で収まる内容も、点字にすると30冊以上になってしまうということに驚きました。点字はひらがなしか打てないから時間もかかるし大変なんだということを学びました。とても身になる体験でした。

日本社会事業大学は静かで勉強がしやすい環境だと思いました。図書館も食堂も過ごしやすそうだと思いました。講演会では、勉強をすることの意義について学びました。勉強をするには探求心を持ち、自主的にやることが大切だと分かりました。

学長のお話の中で「学問を学ぶということ」という部分が印象に残っています。教育には、日本のように「これをやりなさい。あれをやりなさい。」と言って型にはめていき答えを決めつけてしまう「盆栽型」と北欧ヨーロッパのようにのびのびと教育させて個々の力を育てあげる「栽培型」というものがあり、私は北欧ヨーロッパ型の「栽培型」の教育にとても好感が持てました。教育する側が肥料を与えたり、害虫から守ってあげたりと、のびのび学問を学べる環境を整えて、学問を学ぶ側は学ぶ目的や意義を理解して自分で学んでいく「栽培型」にとても魅力を感じました。

施設見学では初めてみる大学の実習スペースにとても興奮しました。本物の介護施設のようなつくりで、実際に介護施設で過ごしている祖父母がいるからこそ興味を持ったものもたくさんあり、驚かされるものばかりでした。また様々な現場に合わせた設備が整っていて、将来どこに行っても対応できるような準備がされていました。案内してくださった学生さんのお話を聞く中で、自分の学びたいことを学べる環境というのはこういうことなのかと思いました。

福祉の現場は人が不足しており、大変なイメージでしたが、日本社会事業大学の学生のみなさんはとても楽しそうなのが印象的でした。まだ、自分の中で福祉に進みたいのか悩んでいますが、福祉の学校ではどのような勉強をするのかを知り、また、大学に通うということを今までより具体的に知ることができたと思います。さらに日本社会事業大学ではボランティアもできるということ知って、とても興味がわきました。

現役の大学生のお話が聞けたことも、とてもためになりました。大学生活を全然考えることができなかったので、今回の体験で少し現実味を帯びてきたかなと思います。

まだ福祉と決めたわけではないけれど、学びたいなと思える学科もなんとなく考えることができたのでとてもよかったです。

2019.4.15(月)ペッパー君ありがとう!

2019年3月15日(金)~4月15日(月)までの1ヶ月間、ペッパー君が本学に滞在しました。

今回はレクプログラムの搭載されたペッパー君をお借りできるキャンペーンを利用して、ペッパー君に来ていただきました。介護現場での介護ロボットの有効利用に注目が集まっている中、本学の学生も実際にロボットに触れて試行してみるよい機会になったのではないでしょうか。

ちょうど新学期のオリエンテーションの時期でしたので、教務課や学生支援課に手続きに来ると、ペッパー君に話しかけれて、びっくりでした。レクリエーションをしたり、性格診断したり・・・。瞬きしながら見つめられると、思わずニッコリしてしまいます。

介護福祉コースの初回の授業でも、ペッパー君が登場しました。ペッパー君と一緒にレクリエーション体操をしたり、「青い山脈」の歌を歌ったり・・・・。 色々遊べて楽しかったです。

ペッパー君が帰ってしまうと、いつも居るところに居ないので、少し寂しくなりました。ペッパー君ありがとう!
 

2019.4.5(金)介護福祉コース1・2年生交流会

新学期の始まった2019年4月5日(金)の昼休み、介護福祉コース1・2年生は、ペッパー君と一緒に、介護棟3F床上室でピザを囲んで交流会を行いました。

1年生からは「先輩が優しくて、大学生活のことや履修のこと、バイトのことなど色々と教えてくれました。」「ピザがおいしかったです。」「ペッパー君が楽しかった。」という感想がありました。2年生からは「1年前を思い出しました。」「先輩になったんだなぁと実感しました。」「みんな介護福祉コースで頑張るんだと思いました。」という感想でした。

1、2年生ともに、新年度のよいスタートが切れたようです。学年を超えた交流も大切にし、全員で介護福祉士を目指して頑張りましょう!

2019.4.4(木)2019(平成31)年度入学式を挙行しました

2019(平成31)年4月4日(木)、2019(平成31)年度日本社会事業大学入学式を講堂にて挙行しました。

社会福祉学部・大学院社会福祉学研究科・大学院福祉マネジメント研究科の新入生が一堂に会し、式は厳粛かつ盛大に執り行われました。
また、入学式会場には先輩たちが集まり入学を歓迎するとともに、サークル勧誘のチラシを配り、大いに賑わいました。

新入生は緊張の中にも期待に胸を膨らませ、学生生活の第一歩を踏み出しました。
皆さんのこれからの学生生活が実り多きものになりますよう、応援しています。

2019.4.3(水)学部1年次生対象にオープンキャンパス委員個別説明会を実施

日本社会事業大学(東京都清瀬市)公認団体「オープンキャンパス委員会」は2019年4月3日(水)、学部1年次生対象にオープンキャンパス委員個別説明会を実施しました。

オープンキャンパス委員の主な活動は、教職員とオープンキャンパスの企画・運営を行い、受験生に日本社会事業大学の魅力を様々な形で伝えることです。

個別説明会では多くの新入生が参加し、先輩たちに分からないことや興味を持ったことについて熱心に聞いていました。



〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30
〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30
COPYRIGHT © JAPAN COLLEGE OF SOCIAL WORK ALL RIGHTS RESERVED.